リサイクルは技術だけでなく人の環が創り出す 

更新日:2021年11月25日

45年前に東京築地市場で始まった、発泡スチロールを熱減容しインゴット化する技術とリサイクルの環。弊社では、全国のお客様と作り上げてきたこのリサイクルの環を「J-EPS recycling (ジェイ イーピーエス リサイクリング)」として再定義し、お客様と共有し、国内外に発信するプロジェクトを始めています。(EPS=expanded polystyrene,ビーズ発泡スチロール)

J-EPS recyclingは、お陰さまでリーマンショックや中国の輸入規制などの困難を乗り越え、月間3000トン全国2000社の大きなリサイクルの環となりました。

最近では、経産省が主導して設立された東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)にて「海洋プラスチックを抑制する日本独自のリサイクル技術 第一号」として認定されたり、環境省が制定した「プラスチックの輸出に係るバーゼル法該非判断基準」にて、輸出許可の対象となる代表的な資源プラに分類されました。

世界ではリサイクル困難物である発泡スチロールが、日本ではリサイクルの優等生になっています。私達の長年の取り組みが、大きな注目を集めているのです。


日頃のご愛顧への感謝とともに、今後とも株式会社パナ・ケミカルとJ-EPS recyclingをどうぞよろしくお願いいたします。




閲覧数:18回0件のコメント