top of page
検索
  • panachemical

発泡スチロールリサイクル絵本「スチロー」




一般社団法人J-EPS Recycling協会と株式会社パナ・ケミカルは、45年の歴史を持つ日本発祥の発泡スチロールリサイクルJ-EPS Recyclingの記念すべき節目を迎え、その軌跡を讃える特別なプロジェクトを共同で進めてまいりました。

第一弾、発泡スチロールリサイクル絵本「スチロー」の制作です。

約45年前、築地市場の一角で始まった発泡スチロールリサイクルは、今や全国2000社以上に採用され、月間3000トン、累計150万トンもの発泡スチロールをリサイクルする大きな環となりました。これは、全国の発泡スチロールリサイクルのお客様と共に歩んできた証であり、誠に光栄に思います。

リサイクル処理機の導入とインゴット買取制度も、リサイクルの優れた成功事例として、日本国内外で広く認知され、多くのメディアや教育機関に取り上げられました。これらの成果は、お客様との協力と信頼に裏打ちされたものであり、その支援に感謝の意を表します。

発泡スチロールのインゴットは、かつてはVHSビデオカセットの原料として利用されましたが、現在では額縁、断熱材、靴底、パソコン周辺機器など、多岐にわたる用途に活用され、世界中で需要が安定しています。まさに、日本のプラスチック輸出資源となっているのです。

過去45年間、株式会社パナ・ケミカルは香港輸入禁止、リーマンショック、中国輸入禁止令など、さまざまな試練に立ち向かいましたが、お客様との連携を大切にし、困難を克服してまいりました。

最近では、バーゼル法の輸出規制に直面し、インゴットの輸出が危ぶまれましたが、バーゼル制定委員会に参加し、J-EPS Recyclingの実績と技術を環境省に認識していただき、発泡スチロールのインゴットの輸出が認められました。この成果は、お客様との協力と共に築き上げたものであり、誠に感謝しております。

発泡スチロールは世界的にリサイクルが難しいとされ、国連などからの禁止動議も存在します。そのため、一般社団法人J-EPS Recycling協会は、国内外で情報共有と発信を行っています。現在、200社以上の会員が参加しており、今後も啓蒙活動を強化し、情報やポスター、グッズの共有を進めてまいります。

このスチロー絵本を、J-EPS recyclingに関わるすべての関係者、そして日本の未来を担う子どもたちに捧げます。



WEB版の発泡スチロールリサイクル絵本「スチロー」は こちら

閲覧数:38回0件のコメント

Comments


bottom of page