日本の戦略的輸出資源として。





この数年、中国輸入規制強化、海洋プラ、原油価格下落、コロナショックと大きな変化もありましたが、依然として、リサイクルプラスチック原料は、経済的に発展する海外諸国にとって「貴重なプラスチック資源」であります。


その中でも「J-EPS recycling」と呼ばれる「発泡スチロールリサイクルで出来上がった発泡スチロールインゴット」は、40年以上にわたり継続してリサイクルされ、累計100万トン以上、輸出されてきました。


これは、長年、全国2000社のお客様がコツコツと発泡スチロールをリサイクルし、発泡スチロールインゴットを製造してきた結果に他ならず、間違いなく貴重な「日本の戦略的輸出資源」であります。


今後も「資源を大切にすること、環境を守ること」を心がけながら、この「日本の戦略的輸出資源」を大切に継続していこうと思います。





閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示